閉じる

就活相談室人事担当者のアタマの中をのぞいてみよう!

学生の皆様からよくいただく質問と、それに対する人事担当者からの回答をまとめました。中には気軽な相談まで載っています。普段、なかなか知ることのできない「採用をする側」の考え方に触れることで、当社への応募に限らず、就職活動全般に役立ててもらえれば幸いです。

株式会社ラルズネット
人事担当岡田 恵二

就活のコツを教えてください!
志望する会社に対し「自分を採用することによって、御社にはこういうメリットがあります」ときっぱり伝えることです。
たとえ自信がなくても、まずは会社側の採用メリットを伝えないと、書類審査であれ、面接であれ、人事担当者も何を判断したらいいのかわかりません。私も何度も面接を行ってきましたが、意外とこの点を伝えてもらえないことが多いのです。
「私は野球部の部長でした」「バイトでリーダーでした」「ゼミで心理学の研究をしていました」「将棋の大会で優勝しました」というようなことだけ言われても、「…はい。そうですか」としか応えようがありません。
「部長やリーダーとして培ったリーダーシップを、御社の○○に活かせます」「ゼミで学んだ心理学を御社の○○に応用すると面白いと考えています」「将棋で学んだ先を読む力を、御社の○○部門で発揮したいです」など、自分が学んできたことや経験してきたことを、志望会社の中でどう活かせるのかを考えて発信すると良いと思います。また、裏付けとなるストーリーは、具体的であればあるほど良いでしょう。
面接のとき、緊張で頭の中がまっ白になって、暗記したセリフもうまく出てきません。
どうしたら良いでしょう…。
面接のとき、緊張しすぎて、暗記したセリフがうまく出てきません…。
セリフの暗記ではなく、自分の中に1本、芯(コンセプトとなる価値観)を持つことです。
「自分はこれだけはがんばった」「自分はとにかくこれが好き」等々、なんでも構いません。自分という存在の中心となるものを1つ定めることです。そして、それは特別なものやユニークなものでなくても構いません。作り物の特別な話より、平凡でも本音で訴える話の方が、相手に突き刺さります。
自分の中に1本、芯を持っていれば、どんな話題を振られても、そこから展開していけるものです。暗記に頼っていては、想定外の質問には答えられないでしょう。また、自分のコンセプトとなる価値観が、志望会社の採用メリットにどんなふうにつながるのかも必ず伝えましょう。
ラルズネットさんは、今までどんな学生に内定を出してきましたか?
「自分」を持っている人であり、かつ当社の未来を一緒に描いてくれた人ですね。
たとえば、「とにかくアプリが好きで、興味ありすぎて自分でも作っちゃって…いや、もうほんとに好きなんですよ。御社でもこういうアプリあったら面白くないですか?」ということを熱っぽく少年のように語ってくれた人や、「ぜひ今度、僕がやってるプロジェクションマッピングのイベントに来てください!」と向こうから誘ってきた人など、話していてこちらも楽しく、一緒に働くイメージができた人です。その人がいるだけで周囲が明るくなり、会社全体に新しい風を吹き込んでくれるなと感じた人に内定を出していますね。
会社を選ぶときに気をつけるべきことは何ですか?
その会社の実際の職場を見ることと、人事担当者を見ることですね。
「就職ナビや採用サイトに書いてあったことと現実がまったく違う」という会社も、残念ながら世の中に少なからずあります。社内見学会やインターンシップをやっているところであれば、積極的に参加し、実際の職場やスタッフを見たほうが良いでしょう。また、会社説明会には必ず出席し、可能であれば人事担当者と話してみましょう。人事部というのは、会社の顔となるメンバーが揃っているはずです。彼らの対応があまりにもひどいのであれば、その会社は避けたほうが賢明でしょう。
内定を複数社からもらっているのですが、最終的にどの会社にするか決めるポイントというのは
ありますでしょうか?
内定を複数社から頂いていますが、どの会社にするか悩んでいます。
最後は自分の「直感」です。基本的な採用条件に納得しているのであれば、決め手になるのはそれしかありません。
「この会社、面白そう!ワクワクする!」「この会社のスタッフと一緒に働きたい!」「この会社で自分を試してみたい!」そういう気持ちが湧くかどうかだと思います。逆に、たとえば、どんなに条件が良い会社でも、「なんだかパっとしないなぁ…」「雰囲気が堅苦しいなぁ…」「社員がカンジ悪いなぁ…」など、気になることがあれば敏感になっておいたほうが良いでしょう。
自分がその会社で働くイメージが湧かないのであれば、おそらくその会社は違うということだと思います。最終決定するときに大事なのは、「条件」以上に「直感」です。周囲の声より、自分の直感を信じましょう。働くのは他の誰でもない、自分自身なのですから。
就活がすごく大変で…、ようやく1社から内定が出たのでもうそこでいいかなと思っています。
でも、もしかしたら他にもっと良い会社もあるんじゃないかと思って、少し不安もあります。
こんな私にアドバイスをもらえますでしょうか。
ようやく1社から内定が出たのですが、承諾して良いか悩んでいます。
内定をもらったのが何社目であれ(たとえ1社目であれ)、その会社に対し「ここしかない!」と思えたら、その会社にすべきだと思います。
なぜなら、「他にもっと良い選択肢があるのではないか?」という考え方は、どんな状況にも当てはまり、そしてキリがないからです。しかし、「この会社は何だか自分に合わなそうだな。でも、他に内定をもらえる見込みもないし、もう早く就活を終わらせたいからこの会社でいいかな」とお考えなら、それはオススメしません。今回のような質問が出るということは、おそらくあなたは後者なのではないでしょうか?就活というのはたしかに大変ですが、その後の社会人生活ではもっと大変なことがたくさん待っているでしょう。だからこそ、職場は納得できるところを探してみてはいかがでしょうか。今、一時の努力を支払ってでも。

職種紹介

企業スタンス
事業内容
待遇面・社内制度
新卒採用
募集要項
エントリー
中途採用
募集要項
エントリー