閉じる

インタビュー

斉藤 悠生の写真

エンジニア

先輩から後輩に
知識のバトンをつなげていく

  • Saito Yuki
  • 2016年新卒入社 WEBエンジニア(フロントエンド)
  • 斉藤 悠生
  • Q.ラルズネットを選んだ理由を教えてください。

    北海道で誰もが知っているような企業であり、WEB会社として大規模。自分のペースで学習し技術力を磨いていける環境

    私はけっこうミーハーなので(笑)、学生のころは、誰もが知っているような企業に入社したいと考えており、テレビCMでもよく見かけるラルズネットには早いうちから興味がありました。
    その後、北海道のWEB系やアプリ系の会社を探しているうちに、会社規模的にも、ラルズネットくらいの規模の企業があまりなかったので、選考を受けてみたいと思うようになりました。

    会社説明会に参加してみると、WEBやアプリも含め、幅広い分野で制作・開発ができる環境があり、また、メイン言語としてPHPを使っているということがわかったので、自分が学生時代に学んでいたPHPやJavaのスキルを活かせられると思い応募しました。

    無事内定をいただいたあとも、自己学習がしやすいようオンライン学習ツールを用意していただいたので、私はiOSアプリを開発するための「Swift」を学びました。

    今でも日々感じますが、ラルズネットは、エンジニアが自分のペースで学習し技術力を磨いていける環境が整っている点が本当に良いと思います。

  • Q.今、担当している業務について教えてください。

    CMS構築などのフロントエンド業務。お客様目線でより使いやすい画面を作る部分が肝

    CMS構築などのフロントエンド業務。お客様目線でより使いやすい画面を作る部分が肝

    私は主にお客様のホームページコーディングや、WordPressを用いたCMS構築などのフロントエンド業務を行なっております。

    CMSの構築というのは、プログラミングを行いながら「この編集画面はどんなお客様が使うんだろう?」「もしかしたら、パソコンがすごく苦手な人かもしれない」「ということは、こういう機能があると便利かもしれない」など、エンジニア目線だけではなく、お客様目線でより使いやすい画面を作る部分が肝になってきます。

    また、お客様から「この機能を追加してほしい」という要望にも瞬時に対応できるよう、コーディングスピードはもちろん、実装までのロジックも重要です。

    ときにはお客様と仕様などについて打ち合わせをすることもあるので、現場の雰囲気に触れることができて楽しいです。

  • Q.入社後,自分が成長できたと思うことはありますか?

    周りから頼られ、たくさんのCMS案件を任されるようになってきた。試行錯誤自体が楽しくなってきた

    周りから頼られ、たくさんのCMS案件を任されるようになってきた。試行錯誤自体が楽しくなってきた

    「CMSといえば斎藤さんだよね」と周りから頼られ、たくさんのCMS案件を任されるようになってきたときに自分の成長を感じました。

    自分は入社するまで恥ずかしながらWordPressを触ったことがありませんでしたが、先輩が丁寧に教えてくださったおかげで、今では多くのお客様のCMS関連のページ制作や修正を手掛けさせてもらっています。

    それでも技術力としてはまだまだなので日々試行錯誤の繰り返しですが、それ自体がまるでゲームのレベル上げみたいでどんどん楽しくなってきたので、エンジニアとして成長できてきているのかなぁと感じます。

  • Q.働いていて、これは勉強になったと思うことはありますか?

    先輩から後輩に知識のバトンをつなげていくこと

    入社当初はプログラミング面でわからないことがたくさんありました。

    そこで、どうしてもわからなかった部分を先輩に聞くと、解決方法を教えてくれるのですが、私がより勉強になったのはその後のことでした。
    先輩は、私がわからなかった部分とその解決策を、その場でどんどんマニュアルにしているのです。こうすることで、次に他の新人が私と同じことで困っても、そのマニュアルを確認すれば良いだけになるのです。

    これを見て私は、「先輩から後輩に知識のバトンがつながっている!」と思いました。

    世の中には、「上司の背中を見て仕事を覚えろ!」というような職人気質な職場があると聞きますが、その良し悪しは別にして、少なくともラルズネットではそういうことはほぼないですし、むしろそれと対局にあるような考え方かもしれません。

    たとえば、果敢にチャレンジした上での失敗はまったく怒られません。むしろ推奨されています。
    しかし、自分がミスしたときに、そのミスが二度と起こらないような措置を他の人にも共有できる形で作ろうとしなければ、それは指摘されます。

    「ミスは良い。同じミスをするのがダメなんだ」「ミスはひっくり返せば全部財産になる。せっかくミスしたなら、他の人にもその財産を分けてあげよう」という考え方は、私が先輩から教わった最も大切なことの1つです。

  • Q.最後に、学生の皆さんにメッセージをお願いします。

    たくさんの会社説明会に参加しよう

    たくさんの会社説明会に参加しよう

    会社選びというのは誰もが通る道であり、人生の大きな分岐点だと思います。

    まずはたくさんの会社説明会に参加してみましょう。
    そうすることで、自分に合っている会社かどうかがわかる嗅覚が養われていくのではないかと思います。

    就職活動は、自分を見直し成長する良い機会でもあります。皆さん1人1人が、自分を高められる職場に出会えるよう応援しています。

    • facebookのアイコン画像
    • twitterのアイコン画像
    • LINEのアイコン画像
    • pocketのアイコン画像
    • はてなブログのアイコン画像
    • feedlyのアイコン画像

スタッフプロフィール

2016年新卒入社

WEBエンジニア(フロントエンド)

斉藤 悠生
(さいとう ゆうき)

略歴:
北海道出身。吉田学園 情報ビジネス専門学校 情報システム学科卒業後、2016年ラルズネットへ新卒入社。現在札幌オフィス勤務。

好きなこと:
韓国旅行(アイドルに会いに行く)、音楽鑑賞・コンサート参戦、ショッピング、友達とご飯、韓国語の勉強

  • facebookのアイコン画像
  • twitterのアイコン画像
  • LINEのアイコン画像
  • pocketのアイコン画像
  • はてなブログのアイコン画像
  • feedlyのアイコン画像

他のスタッフインタビュー

職種紹介

WEBエンジニアの写真 WEBエンジニア
HTML・CSS・JavaScriptを使ったホームページのコーディング、CMSの構築、PHPを使ったシステムのプログラミングなどを行います。
この職種を詳しく知る

職種紹介一覧

エンジニアの
募集要項を見る

職種紹介

事業内容
待遇面・社内制度
充実の福利厚生サービス充実の福利厚生サービス
新卒採用
募集要項
エントリー
中途採用
募集要項
エントリー