閉じる

トップメッセージ

ラルズネットはお客様と社員の「成長エンジン」でありたい 株式会社ラルズネット 代表取締役会長 大橋 正樹

創業当時の想い

まだ、WEBで不動産情報を発信するという行為がまったく一般的でなかった創業以前、不動産に情熱を傾けていた私は、もっと広くこの想いを伝えたいと思い、なんとか自分でホームページをつくり、物件情報をはじめ、自分の体験や考え方を発信してみました。すると、そこから何人ものお客様とつながることができ、実際に物件が成約になったのです。今では当たり前の話ですが、このときの感動は生涯忘れることはないでしょう。
「これはすごい!この感動を全国の不動産会社様にも知ってもらいたい!」 私はそう思い、すぐ創業を決意しました。

「全国各地の不動産会社が連合して情報を発信し、すべての地域のユーザーに支持され、標準となる不動産情報ネットワークを構築する」

2001年の創業時に掲げた上記の夢は、当社運営ポータルサイト『不動産☆連合隊』により、現実のものとなりました。今では、北は北海道から南は九州まで全国45以上の地域において展開し、各地域の不動産会社様・ユーザーの皆様から熱い支持をいただいています。

ラルズネットという器を通して
「成長できた」と感じてもらいたい

これまで様々なお客様と社員に恵まれた私ですが、1つだけ確信していることがあります。それは、各々の「成長」がすべての原動力となり、良いスパイラルを生み出してきたということです。不動産会社様が成長していくと、取引したお客様に良い影響を与えます。その様子を見て、当社の社員は「不動産会社様の成長のために自分たちができることは何か」という視点でがんばるようになります。そして、当社の社員が成長していくにつれて、不動産会社様やエンドユーザー様により良いサービスを届けることができるようになります。
そう、すべては「成長」がキーワードになっていることに気付いたのです。

私は思いました。「ラルズネットはお客様と社員の『成長エンジン』でありたい」と。

私は、成長とは、「自分の力で、昨日できなかったことが今日できるようになること」だと考えています。そして、それを単なる精神論で終わらせたくないと思いました。
たとえば、当社が不動産会社様に提供しているシステム『ラルズマネージャー』は、「もっとこのようにしたらいかがでしょうか?」というアドバイスを、そのお客様の行動に合わせ、画面の中のキャラクターが自動で行っています。お客様が自分で気付き、成長してもらうための施策を、対面でのコンサルティングはもちろん、システムでも行っているのです。

ラルズネットという器を通して「成長できた」と感じてもらい、皆が良いスパイラルを描いていく。私は、自社のあるべき姿をそのように捉えています。

私たちは、ものすごい時代に生まれた

歴史上、今ほどエキサイティングな瞬間はありません。考えてみてください。
江戸幕府崩壊からたった100年で人類は月に行き、そこから25年ほどでインターネットやパソコンが普及。さらに15年ほどでスマホが誕生し、手のひらの上で買い物をしたり、誰とでもつながることができるようになりました。
その後、クラウド技術が発展し、デバイスが極小サイズになり、今では主人の好みをモノが自分で学習するようになりました。今後、20年以内には、宇宙旅行が当たり前になり、人間が車を運転することはなくなり、ロボット同士が協力して店舗を運営するようになるでしょう。その先には、今の技術では数千年かかる処理を数十秒で演算するコンピュータが誕生し、そして、ついにはAI(人工知能)が自らAIを生み出すようになると言われています。

また、生物学的な側面から見ても、テクノロジーを手に入れた人類は、ここ100年で平均寿命が約2倍、人口が約4.5倍に伸びています。何百万年という長い人類史上、ほんの一瞬でしかないこの短期間に、生物や環境がこれだけの進化を遂げた事例はかつてありません。

私たちは、そんな時代に生まれたのです。

「生み出す人」になろう。絶対に。

下の図を見てください。日本の人口推移グラフです。

日本の人口推移グラフ日本の人口推移グラフ

見てわかる通り、明治以降から爆発的に人口が増え、2004年をピークにまるで下りのジェットコースターのように人口が減っていきます。技術大国ニッポンが、この状況でどうなっていくかは簡単に想像がつくでしょう。
そう、私たちは世界に先駆けて、ロボット・AIや今まだ見ぬ先端テクノロジーと共存・発展していく以外に道はないということです。近い将来、あなたの同僚は、人間ではないかもしれません。すでに高級寿司を握っているのがロボットである現実を考えると、その日が来るのは割とすぐかもしれません。

これから人類は、「クリエイター(新たな価値を生み出す人)」と「非クリエイター」に完全に二分化されるでしょう。そして、「クリエイター」の価値が相対的に上がるでしょう。単純作業などのルーチンワークはテクノロジーと戦っても勝てないことは明白ですが、新たな価値を生み出せない人は同じ土俵に乗るしかないため、価値がどんどん下がるのです。テクノロジーに使われるのではなく、テクノロジーを生み出す側になりましょう。そして、新たな価値の創出に関わるプログラム、デザイン、コンサルティングの提供を目指しましょう。

私たちは人間です。つくることが、好きなはずです。

あなたの「幸せ」とは何かをまず考えよう

「どの会社に入社しようか」と考える前に、まず「自分にとっての幸せって何だろうか」と考えてみてください。「このご飯おいしい」「夕日がキレイ」「家族といるとホっとする」等々、なんでもいいです。そして、それを一番大切にしてください。仕事自体が目的になってはいけません。人生は一度きりであり、すべてのものごとは個々人の幸福に結びついていないとおかしいと思います。
一度、真剣に「幸せって何だろう」と考えてみてください。早ければ早い方がいいです。
そして、「あなたの大切なもの」を大切に考えてくれる会社で自分を磨きましょう。

あなたと出会える日を楽しみにしています。

株式会社ラルズネット 代表取締役会長
大橋 正樹

職種紹介

企業スタンス
事業内容
待遇面・社内制度
新卒採用
募集要項
エントリー
中途採用
募集要項
エントリー