2020/09/18(金) 08:17

興収2500億円超えの映画業界 カンヌに4本の作品を送り出した配給会社社長が語る「コロナ禍の生き残り方」

ITmedia ビジネスオンライン

興収2500億円超えの映画業界 カンヌに4本の作品を送り出した配給会社社長が語る「コロナ禍の生き残り方」
新型コロナウイルスの感染拡大は映画業界にも大きな影響を及ぼしている。配給会社ラビットハウスの増田英明社長は「日本では小さな配給会社でも生き残ることができる」と語る。日本の映画業界は毎年2000億円の興行収入を維持していて、小規模な配給会社がそのうちの10%のシ...

合わせて読みたい!「ビジネス全般」に関するニュース 「ビジネス全般」に関するニュース

もっと見る

21日間物件載せ放題!無料トライアル受付中

お申込み・各種資料