不動産会社様のための学習コラム「ラルズマガジン」

新機能
2020/01/24 2020/04/27

たった3ステップで自社物件が目立つって本当?噂の広告サービス『ラルズアド』試してみた!(応用編)

ラルズネット編集部

LINEで送るPocketはてブFollow on Feedlyメール

LINEで送る

たった3ステップで自社物件が目立つって本当?噂の広告サービス『ラルズアド』試してみた!(応用編)

 

先輩、お疲れさまです!

 

お、タナカくん。元気そうだね。物件が決まらなくて困ってた頃とは、別人のようにイキイキしてるね(笑)

 

先輩にラルズアドを教えてもらったおかげで、絶好調なんです!今では、『もっと反響数を上げる方法はないかな?』って思うことも増えてきました!

 

効果が出たら、さらに上を目指したくなるよね。
じゃあ、ラルズアドでもっと成果を出すためのポイントを、タナカくんだけに教えてあげるよ。

 

もはや先輩が神様に見えてきました…!お願いします!!

1.<広告利用状況>の見方をマスターしよう!

 

まず、ラルズアドで出稿した物件は、どうやって管理してる?

 

管理ですか?予算が無くならないようにチャージしつつ、反響が来るまで待っていました!広告を出したら、後は待つだけ、と言われてたので…。

 

たしかに、手順としては間違ってないけど、より効率的に反響をゲットするためには、<広告利用状況>のチェックが大事になってくるんだ!

 

広告利用状況?あまり気にしたことがありませんでした…。どこから見れるのか、教えてください!

 

物件登録システム『ラルズマネージャー』内の物件一覧で、物件情報のすぐ下に「出稿中」と出ている部分が、広告利用状況だよ。

 

これですか…ちらっと見ましたが、難しそうだったのですぐ諦めちゃいました(笑)

 

ここを活用できるようになったら、ラルズアドマスターに近づけるはずだから、詳しく説明していくね!

その物件に、広告費をどのくらい使っている?

 

一番左側の「消費した広告費」とは、『これまで発生した広告費の合計』だよ。

 

ちなみに、物件一覧の中の検索メニューから、出稿中の物件も絞り込みできるよ。もし頻繁にチェックするようなら、「お気に入り検索」に登録しておくと、次からはクリック一つで絞り込み検索ができるよ。

 

広告費が多い=クリックされている、ということですよね?それ以外に何がわかるんですか?

 

もし、長い間掲載していて、広告費もそれなりに消費しているのに反響が少ない…という物件があれば、それは、多く見られているのに問合せには至らない「あと一歩」な物件だということがわかるよね。そういう物件を見つけたら、登録内容を見直してみるのもいいだろう。少し条件を変更してみるだけで、あっという間に反響につながることもあるよ。

 

そういうこともわかってくるんですね!参考にします。

アクセス数のグラフを読み解こう!

 

次に、棒グラフの部分の説明だ。
グラフの上に書いてある「アクセス数」とは、その物件のアクセス数のことで、黒い文字で『70回』と書かれている部分が、通常の連合隊の物件一覧からアクセスされた数なんだ。
そして、その右の(+●回)の部分が、ラルズアドで出された広告経由のアクセス数だよ!

 

全てのアクセス数のうちどの程度がラルズアド経由なのか、わかりやすいですね!

 

オレンジの数字が増えているのを見ると、「もっと頑張ろう!」と思うんだ。
そして、その下は、アクセス数を更に見やすくグラフ化したものなんだ。緑色が通常アクセス数で、オレンジ色がラルズアド経由のアクセス数になっているよ。

 

グラフのオレンジ色の割合が多い物件は、ラルズアドでの効果が特に出ているってことですね。…あれ?グレーの部分があって、3色になっているグラフもありますね。この違いは何ですか?

 

よく気がついたね。全体を見てみると、緑とオレンジ2色だけのグラフは全体で一つしかないよね?

 

たしかに、ほとんどの物件にグレーの部分がありますね!

 

グラフにグレーの部分がない物件が、出稿している中で一番アクセス数が多いものになるんだ。これを、仮に物件Aと呼ぶよ。

そして、それ以外の物件のグラフにあるグレーの部分は、「物件Aに比べたアクセス数の差」を表しているんだ。

 

つまり、グレーの部分は無いものとして考えればいいってことですか?

 

そういうこと。例えば、グラフの半分がグレーの物件があれば、一番アクセス数が多い物件Aの半分くらいしかアクセス数がない、ということが、グラフを見た瞬間にわかるようになってるんだ。

 

見方はわかりましたが…それって、何か意味があるんですか?

 

全物件のグラフを緑とオレンジの2色で表示させたら、アクセス数が1000件の物件と、10件の物件が、ぱっと見て同じくらい効果が出てるように見えてしまうよね?
自社で出している物件の中でのアクセス数の大小をわかりやすくしてくれているんだ。

 

なるほど!意味がわかった途端、すごく便利なものに見えてきました!!

 

ちなみに、「▶折れ線グラフ」からは、アクセス数の推移も確認できるよ。カーソルを合わせると、1日単位での詳細な数も見れるから、活用してみてね。

 

より詳細なデータを見たい時は、ここを見ればいいですね。

2.チャンスを逃すな! ~1日の広告予算上限の考え方~

 

そういえば、自分で広告費をチャージするようになってからは、1日の予算を「上限なし」にしておくのが怖くて、上限を1,000円に設定しなおしたんですよ。これってどうなんでしょう?

 

そっか、心配になる気持ちはわかるよ。でも、もしかしたら、1日の途中で予算を使い切ってしまって、広告が表示されなくなっているかもしれないよ。それだと、「クリックされるかもしれない機会」を逃してしまっているかもしれないよね。

 

たしかに!1日の予算を「上限なし」に設定していれば、もっと長い時間広告が表示され、もしかすると反響につながっていたかもしれないですもんね!でも、知らない間に高額な請求になっちゃったら、さすがに部長に怒られちゃいそうで、ちょっと心配なんです。

 

上限なしと言っても、チャージした額を使い切るまで広告を掲載し続けるという意味だよ。チャージした以上に請求されることは絶対にないから、チャージしている金額さえ把握していれば、怖いことなんてないさ。
それに、ラルズアドは、見てもらった分だけ料金が発生するクリック課金型広告だよね。考え方を変えると、広告費を早く消費しているということは、それだけ早く反響に近づいているということじゃないか!

 

そう考えると、予算上限を設定して変わることと言ったら、同じ人数に物件を見てもらうのが遅くなるか早くなるか、ですよね…。
同じ広告費が発生するなら、より早く多くの人に物件を見てもらえる「上限なし」にします!他の会社より早く成約させたいですしね!

 

そうそう!
もし、どうしても上限を設定したい場合は、物件登録システム『ラルズマネージャー』ラルズマネージャー左袖の「1 日の広告予算を設定する」ボタンから設定できるよ。
ここでは、前日実際に使われた広告費も確認できるから、設定した予算上限に近かったり、上限に到達してしまっていた場合は、上限を上げて反響ゲットの機会を逃さないようにしよう。
もし上限を設定した場合は、同じ画面から定期的にチェックしておいてね。

 

なるほど、前日の広告費が極端に少なかった場合は、出稿している物件を変えてみるとか、色々工夫できそうですね。

 

ありがとうございます!先輩のおかげで、これまでよりも効率的に反響を増やせそうです!!

 

これでもうタナカ君もラルズアドマスターだね。これからも頑張ってバンバン反響取ってくれ!!

今回のおさらい

  • 出稿後、<待つだけ>ではラルズアドマスターにはなれない!物件登録システム『ラルズマネージャー』内の「広告利用状況」で、出稿中の物件をこまめにチェックしよう。
  • 消費した広告費が多いのに反響が少ない物件は、登録内容をちょっと見直すだけですぐに反響に繋がるかも?!
  • ラルズアド経由のアクセス数は、文字もグラフもオレンジでわかりやすく表示されているので、こまめに『ラルズマネージャー』から確認しよう!
  • 「前日の広告費」が1日の予算上限に達していたら、機会損失をしているので、予算上限を上げてみよう!
この記事を書いた人:ラルズネット編集部

関連するキーワード

「弊社クライアントである不動産会社様に、十数年に渡りコンサルティングしてきた内容を、もっとたくさんのお客様に知ってほしい!」という考えのもと集まったのが、私たち、ラルズネット編集部です。「どうやったらもっと集客できるの?」「どんなホームページやコンテンツを作ればいいの?」といった基本的なことから、「社員をしっかり育てたい」「組織を効率化したい」といった経営の話まで、不動産やWEBの枠を飛び越えて、弊社が今まで四苦八苦しながらも培ってきたタメになる情報を発信していきます。みなさん、一緒に不動産業界を盛り上げ、日々の仕事をより一層楽しくしていきましょう!

21日間物件載せ放題!無料トライアル受付中

お申込み・各種資料

この記事を共有する

LINEで送る Pocket はてブ Follow on Feedly

閉じる