閉じる

インタビュー〈 新卒入社スタッフ 〉

インタビューに関するメインの写真

エンジニア

自身の最高のコードを 追い求めていきたい

社員名前ローマ字

2017年新卒入社 WEBエンジニア(バックエンド)

社員名前

ラルズネットを選んだ理由を教えてください。

本気で応援してくれる文化と、常に新しいものを取り入れていくという会社の姿勢

エンジニアとして生きていくためには、IT分野への飽くなき興味と強い学習意欲が必要だと考えていますが、そのような自分の中から湧き出てくる熱のようなものを本気で応援してくれる文化がラルズネットにあると感じたからです。
実際、教育への投資が手厚く、入社前研修やオンライン学習環境の提供、学習支援制度や資格取得支援制度など、エンジニアがスムーズに学習していける土壌が整っていました。

また、「常に新しいものを取り入れていく」という会社の姿勢が、これからのエンジニアに必要な資質と合致していると感じ、入社を決意しました。
あと、社会人はスーツかと思っていたので、私服OKなところもいいなと思いました(笑)

入社後、自分が成長できたと思うことはありますか?

早い段階で自ら現場の声を拾いに行き、実際の運用フローまで考えたものづくりができるようになってきた

インタビュー画像

プロダクトの「運用」まで考えたものづくりができるようになってきたことです。

たとえば、今、私は、自社コーポレートサイトの資料ダウンロードフォームのリニューアルを任せてもらっているのですが、やっていくうちに、これはただ必要な機能を実装すれば良いというものではないということがわかりました。

 

周りの声に耳を傾けていると、営業の人達は「資料をダウンロードしてくれたお客様には今後どんなふうに追客していこう?」とか、マーケティングの人達は「タメになるメルマガやコンテンツを配信していきたいよね」とか、色々話し合っているわけです。

そんな状況を見て、これはただ単に「新しいフォームができました」だけではダメだなと思ったんです。
新しく導入を検討しているメール配信システムにうまくデータを連携させるために、その会社の人に質問したり、営業マネージャーに掛け合って、リリース後の営業部での使い方を確認してもらったり。

私はエンジニアのため、他の部署についてはわからないこともたくさんあります。
だからこそ、自分が今作っているものを使う予定の人達に積極的に接触し、早い段階で利用後のイメージを固めてもらうことにしたんです。
企画段階ではもちろんプランはあるのですが、実際の現場の人達が、自分が使うところをしっかりイメージできているかといえばまた別です。
現場の人しかわからない肌感覚みたいなものを早めに吸い上げておけば、社内レビューを待たずして初期のうちに手を打てます。要は、手直しが確実に減るということです。

早い段階で自ら現場の声を拾いに行き、実際の運用フローまで考えたものづくりをするというスタンスを意識できるようになったのが、最近の私の最も大きな成長の1つですね。

自分が考えるプログラミングの楽しさを教えてください。

自身の最高のコードを追い求めること

インタビュー画像

私にとってプログラミングの楽しさとは、自身の最高のコードを追い求めることです。

プログラミングは言語や文法パターンなどのセオリーはあっても、個人のクセや書き方など、細かい点では千差万別で、同じ目的を達成するにもいくつもの選択肢があります。
学習し、コードに反映、ダメだったらまた学習し、コードに反映…と、調べながらいろいろ試していく過程が、私の場合、最高に楽しいんです。
まだまだ理想には程遠いですが、いつか自分が納得のいくコードを書くために、今もコードを書き続けています。

将来、どんなエンジニアになりたいですか?

フロント、サーバー、インフラ、なんでも吸収して自分ができることを増やしていきたい

私は、フルスタックエンジニアと呼ばれるエンジニアを目指しています。フルスタックエンジニアとは、要はなんでもこなせるIT系エンジニアという意味です。

今日、IT業界では、一人で幅広い分野を抑える人間が求められていると感じます。
自身の短い実務期間の中でも、一分野の知識だけで仕事が完結することはほぼありませんでした。
もちろん会社では周りの人たちがサポートしてくれますが、自分ができることに越したことはないと思っています。

また、自分自身この業界に対する興味が尽きません。
フロント、サーバー、インフラ、なんでも吸収して自分ができることを増やしていきたいと考えています。

最後に、学生の皆さんにメッセージをお願いします。

積極的に様々なイベントに参加するなど、何か必要に駆られる状況に身を置いてみよう

インタビュー画像

IT業界は、知識や技術が生きる力にそのまま直結します。しかし、全てを完璧に理解している人間はいません。

また、学習が大事だとはわかっていても、きっかけがなければ何かに全力で取り組むのはなかなか難しいということもあるでしょう。
だからこそ、学生のうちに、積極的に様々なイベントに参加するなど、何か必要に駆られる状況に身を置いてみてはいかがでしょうか。
トライアンドエラーと学習のサイクルを高速で回していくという、エンジニアとして大事なスタンスが確実に身につくと思います。