閉じる

インタビュー〈 新卒入社スタッフ 〉

インタビューに関するメインの写真

エンジニア

ここならいろんなことに挑戦できそう! と思った

社員名前ローマ字

2018年新卒入社 WEBエンジニア(バックエンド)

社員名前

ラルズネットを選んだ理由を教えてください。

未来をしっかり考えている面白い会社だなと感じ、「ここならいろんなことに挑戦できそう!」と思ったから

入社を決めた最初のきっかけは学内でのキャリアセミナーでした。

話を聞いてみると、ただ淡々と自社の話をするだけでなく、「こんな未来が来る!だからこういう人に来てほしい!」といったワクワクする内容でした。時代背景やテクノロジーから未来をしっかり考えている面白い会社だなと感じ、「ここならいろんなことに挑戦できそう!」と思い、応募しました。

 

また、夏に参加していたインターンの経験から、Web系の仕事の興味が元々あったので、自分のやりたかったこととフィットしていた部分も大きかったです。

説明会を聞いた後は、「絶対選考を受けよう!」と決意していましたが、たった一度の新卒の切符なので、職場体験会やオフィス見学会にも参加し、「自分が働くイメージが湧くかどうか」まできちんと考えた上で応募しました。

 

募集要項だけでなく、実際の職場を見に行くことは大事ですね。

入社後、技術を身につける上で、先輩のどんなサポートに助けられましたか?

綺麗なコードを書くためのルールや方法を教わったこと

綺麗なコードを書くためのルールや方法を教わったことが印象深いです。

会社で開発するシステムは、当たり前ですが自分だけのものではありません。
他のメンバーが見ても意味がわかるよう、読みやすく、綺麗なコードを目指す必要があります。

学生時代は、課題や研究等で自分以外の人に細かくコードをチェックしてもらう習慣がなかったので、「自分が理解しているから大丈夫」「きちんと動作さえすればOK」という基準でプログラムを書くことが多くあり、気づかないうちに自己流の悪いクセがついていました。

現在は、不動産会社様向けのホームページの機能をリニューアルする作業を行っているのですが、先輩達に、内部処理のことから、変数名、インデントなど、見た目のことまで丁寧にチェックしていただき、すごく勉強になっています。

 

どうすればもっと綺麗にコードを書けるかを今後も追求し、これからは教えられる側ではなく、今後入社してくる後輩に教えられるようなエンジニアになりたいです。

自分が考えるプログラミングの楽しさを教えてください。

自分が作ったものがうまく動作した瞬間がめちゃくちゃ嬉しい

これはみんな同じだと思うのですが、自分が作ったものがうまく動作した瞬間がめちゃくちゃ嬉しいですよね。

 

プログラミングでは、少なからずどうすればいいかわからないときや、大丈夫だと思っていてもうまく動かない時があります。そんなときに、いろいろ調べたり、試してみたりして、変更したコードが上手くいったときはまさに快感ですね。

山登りに例えるなら、中腹の険しい道を切り抜けて、ついに景色の綺麗な山頂に出るような、そんな感じですね。

山頂にもっと効率的にたどり着けるようなプログラムを書けるようになっていきたいです。

学生時代の思い出を教えてください。

サークルを作って仲間を増やしたことや、ハッカソンに出てボコボコにされたこと(笑)

趣味が近い者同士が集まってサークルを立ち上げ、入学式で新入生を勧誘してさらに仲間をどんどん増やしていくという活動は楽しかったですね。チームってこうやって大きくしていくんだ!ということが、なんとなくわかった気がします。

 

あとはハッカソンに出てみて、ボコボコにされたのも良い思い出です(笑)

自分の技術力が足りないことを自覚したのはもちろんなんですが、短い時間でどれくらいまで完成させるかをみんなで話し合う場面があり、そのときにうまくまとめられなかったりと、グループマネジメントの必要性を痛感した貴重な体験となりました。

 

学生時代にC言語やJava等のプログラミング講義で身につけた開発の基礎力や、サーバーについて学ぶシステム管理の授業で習得した基本的なLinuxコマンドは、今でも業務で役に立っています。

はこだて未来大学の後輩の皆さんにメッセージをお願いします。

大丈夫!自信を持って!

未来大は、ただプログラミングを学ぶだけでなく、物事に対しての思考の仕方であったり、プロジェクトを通して複数人で作業を進めた経験など、間違いなく社会人にとって必要な要素を、知らず知らずのうちに得られる学校だと思います。

だから、もし「こんな自分で、就活うまくいくのかなぁ…」と不安な人がいたら、その人には「大丈夫!自信を持っていいよ!」と言ってあげたいです。あとは、悔いのない学生生活を過ごすこと!応援しています!