閉じる

インタビュー〈 新卒入社スタッフ 〉

インタビューに関するメインの写真

デザイナー

「楽しい」とか「嬉しい」という気持ちを人と共有することが好き

社員名前ローマ字

2019年新卒入社 WEBデザイナー

社員名前

ラルズネットに入社を決めた理由

やっぱりインターンに参加したことです!

学内で開催された、OB・OGの方から就活の話やアドバイスが聞ける食事会に参加した際、ラルズネットでデザイナーの募集があることを知りました。その時は、入社したい!と決めていたわけではありませんでしたが、面白そうだな~と思い、せっかくだからインターンには行ってみようと友達と応募しました。

 

そのインターンの中で、自分の琴線に触れるところがあったんだと思います。具体的には説明できないですがビビッときた!という感じです(笑)

ただ楽しいと感じただけじゃなくて、バナーのリサイズや、お題に沿って自分で一からバナー作成など、入社後に行う業務のような内容を体験したので、「自分はこの会社に入ったら、こんな風に働くんだな」としっかり心構えできた上で参加できました。

実際に働く感じがしっかり見えたからこそ、迷いなく決められたところもあるのかなと思います。

 

社内の雰囲気もとてもよくて、インターンが終わるころには、「働くならここしかない!」という感じになっていました(笑)。

社内の雰囲気、社風、先輩とのやり取りなど

業務外でも積極的にコミュニケーションをとってもらえます

「いつでもなんでも聞いてね!」っていうスタンスでいてくださるので、右も左もわからない状態でも不安になることはありませんでした。

 

自分ではどうしようもないような壁に当たったときは、先輩たちは方向性が明確にわかるようなアドバイスをくれます。答えを教えてくれるというより、手を引いて導いてくれる感じなので、「こうすればいいんだ!」と、自分で学びながら壁を越えるような手ごたえもあります。

 

業務外でも積極的にコミュニケーションをとってもらえるので、休憩時間はプライベートな話で盛り上がったり、最近は仕事終わりに近くの市民体育館で先輩と一緒にバドミントンしてます(笑)

デザインへの情熱を語ってください

「楽しい」とか「嬉しい」という気持ちを人と共有することが好き

私はもともと絵や漫画を描くことが大好きで、自分でもオリジナルのストーリーを考えたりして、漫画家の真似事をするのが趣味でした。

小学生の頃は先生や友達などに読んでもらい、感想をもらったこともありました(笑)。その頃から人のために何かしたいとか、自分の得意な分野で人を楽しませたい・褒められたいという気持ちは強かったのかなと思います。

 

大学はデザインの道に進み、自分も他の人も楽しめるものを作れるようになりたいなと思っていたので、多分「楽しい」とか「嬉しい」という気持ちを人と共有することが好きなんだと思います。(笑)大学では、自分主体のデザインを考えることが多かったので、現在業務で経験している、「相手のためのデザイン」を考えることは新鮮です。とても難しく、知識も技量も必要なので、正直自分がこの職場で役に立っているか不安です(笑)。

 

でも、知らないことが多いからこそ、学ぶ楽しみもあります!大学では教えてもらえなかったことを、この会社ではたくさん教えてもらっています。

学生時代はどんなことを学んでいましたか(挑戦しましたか)

社会人として働くための勉強ができました

ゼミは、特にデザイン専門のゼミという感じではありませんでした。

主に学園祭の企画・運営などを行う中で、儲けを出すための出店の出し方を検討したり(どんなお店にすれば被らないとか、人気が出るとか)、仕入れに対しての単価・売価の出し方や、お店の装飾の作成から調達のスケジュール組みなど、様々な作業がある中での物事の上手な進め方を学べました。

 

卒業制作では、テーマを自由に決めることができたので、一度やってみたかったゲームの製作に取り組みました。自分で絵を描いて、ストーリーも書いたり…。デザインをして、目標を設定して計画を立てて…と、学んだことを総動員して進めたこの経験は、社会人として働くためのいい勉強になったんじゃないかなと思います。

学生の皆さんにメッセージをお願いします

自分の視野を広げていってください

思いもよらないところで運命的な出会いもあったりします。

 

もちろん自分の意志をもって進むことも大事ですが、「自分はこうだから」「こうしたいから」っていう枠組みからちょっと離れてみたところに、いろんな出会いや経験につながることが転がっていたりすると思います。

ちょっと気が向いたときによそ見をしてみて、偶然興味を持ったものが、自分の「これだ!」というものになるかもしれません。

学生の間に、いろんな方向によそ見をして、自分の視野を広げていってほしいなと思います。