お知らせ

2021年 03月 17日

【業界重要ニュース】2021年3月末より、スマホ対応していないサイトは検索順位が下がってしまう可能性があります(グーグル発表)

弊社のトピックスではありませんが、WEB業界の重要ニュースであり、影響を受ける不動産会社様も多々いらっしゃるかと思われますので、お知らせいたします。

もし、御社のホームページがスマートフォン対応していなければ、2021年3月末より、検索順位が下がってしまう可能性があります。

※御社のホームページがスマホ対応(=モバイルフレンドリー)されているかどうかは、
 こちらのページより確認できます。

これは、2018年にグーグルが発表した「MFI(モバイルファーストインデックス)」という施策です。
「MFI」とは、簡単にいえば、今では、グーグルの大半のユーザーが、パソコンよりもスマホを利用しているため、今後、検索順位が決まる要素として、パソコン版のホームページよりも、スマホ版のホームページを基準としていくという方針のことです。
https://webmaster-ja.googleblog.com/2020/03/announcing-mobile-first-indexing-for.html
(開始時期は、当初予定していた2020年9月から、2021年3月に延期になっています。)

いよいよ、2021年3月末以降、すべてのサイトが「MFI(モバイルファーストインデックス)」に完全移行し、スマホサイトを基準に検索順位が決定されます。

未だ、自社ホームページがスマホ対応していないお客様は、検索で不利になるため、この機に早急に
スマホ対応されることをおすすめします。

▼エンドユーザーの物件探しはスマホが主流になっているなど、スマホサイトの作成は必須です。
 詳しくは、下記ラルズマガジンもご覧ください。
「スマホ未対応だとこんなに損失が…!今すぐ自社ホームページをスマホ対応すべき3つの理由」

弊社製品のFormat Line(フォーマットライン)であれば、低価格・短納期で不動産専門のスマホサイトをご用意できます。
▶『Format Line』詳しくはこちら

▶『Format Line』資料ダウンロードはこちら

現在、MFIの開始時期も近づいていることから、スマホサイトのご注文が増えております。
スマホサイト作成のご質問やお打ち合わせ希望などございましたら、お早目にご相談ください。

21日間物件載せ放題!無料トライアル受付中

お申込み・各種資料