エンドユーザー動向
2018/01/09 2018/09/11

これが実態!30代の奥様にインタビュー「どうやって物件を探しましたか?」 (後編)

ラルズネット編集部

物件登録インタビュー物件探し取材記事

LINEで送るPocketはてブFollow on Feedlyメール

LINEで送る

これが実態!30代の奥様にインタビュー「どうやって物件を探しましたか?」 (後編)
── そこまで情報の更新に敏感だなんて、正直、驚いています…。リアルでとても参考になります。他にも独自の探し方があれば教えてください。

誰でもできる普通の使い方なので、独自というわけではないんですが、たとえば、ポータルサイトなどで物件写真が少ないなと思ったら、そのマンション名でGoogle画像検索すれば、関連画像が出てくることもあるので、そこで見たりしてますね。

周辺環境はGoogleストリートビューで調べています。マンションの周りをぐるっと一周散歩してみたり。 意外と日当たりとかも想像できちゃったりするんですよ。「あ、この部屋は向かいの建物が日当たりを遮ってるんじゃないかな…」とか。

たまに、住所が非公開になっている物件もあるので、そういう物件は他の不動産屋さんで同じ情報を出していないか見てみたり、Googleで検索して住所が出てこないか調べたりします。

足りない情報は不動産屋さんに聞く前に、まず自分でネットで調べるようにしていますね。
良さそうな物件は、すぐ夫に「これなんかどう?」ってLINEで送っています。

ネットはほとんどスマホで見ている ── ポータルサイトやホームページを見たり、検索するときに使ったのは、パソコンですか?それともスマホやタブレットですか?

全部スマホです。サイトを見るのにパソコンはわざわざ開かないですよね(笑)
タブレットもあまり使わないですね。たまに家で雑誌見るくらいです。ネットはほとんどスマホで見てます。

── 不動産会社のスタッフから物件を紹介されたりというのはありましたか?

疲れてしまうくらいたくさんありました。いろんな会社から何度も電話が鳴ったり…。

なので、私なりの基準を設けたのですが、当初、「その物件はすでになくなってしまって」と言いながら、ホームページにその物件情報を載せたままにしていた不動産屋さんの電話は一切取らないことにしました。すでに信用できないので…。
何度も電話があることも多いので、着信拒否設定にしたくらいです。

信頼できない不動産会社へのエンドユーザの対応

あと、「ご希望に近い物件が出ました」というようなメールもたくさん届いたのですが、ほとんどがすでに知っている物件でした。
ポータルサイトや信頼できる不動産屋さんのホームページの更新情報は毎日見ていたので。

勧められた物件も、他の不動産屋さんで扱っていることも多いので、結局のところ、信頼できる不動産屋さんに私から連絡して案内など手配してもらいました。

── ご希望の物件は見つかりましたか?

見つかりました!信頼できる不動産屋さんがしっかり対応してくれて。
最後に、担当していただいた担当者さんが、オーナーさんに家賃と礼金の値引き交渉をしてくれたみたいで。感謝の気持ちしかありません。
今後、引っ越しする予定の友人がいたら、その不動産屋さんの担当者をすぐ紹介しようと思っています。

── 本日はありがとうございました。



お客様というのは千差万別で、今回は一例にすぎませんが、インタビューをしてわかったことや立てた仮説を以下にまとめます。

インタビューでわかったこと

インターネットの登場により、お客様の物件探しの流れがガラっと変わってからすでにかなりの年月が経ちますが、昨今、爆発的に増えた情報量と、スマートフォンの普及により、状況はさらに変わりました。
プロよりも詳しいエンドユーザーが現れるようになったのはその一端です。

今や、ポケットに手をのばすだけで、誰もがあらゆる情報に多角的に触れることができるようになりました。

そこで行われているのは、徹底した「情報の比較」です。
1つの情報だけを見て物事を決める人は稀で、必ずいくつもの情報を比較して意思決定をするようになりました。

誰でも簡単に(親指1本で)それができてしまうこの世界では、「情報を一部だけ隠す」ことで優位に立つことが実質的に不可能となり、それどころか、むしろ不利に働くことさえあります。

結局のところ、『信用』が最も重要であるという昔ながらの結論に行き着きますが、その『信用』もインターネット上では、「正確でタイムリーな情報更新」「物件情報の内容の充実」「ホームページの質」などの要素で判断されているのが面白いところです。

お客様が他社との差を瞬時にわかってしまう時代だからこそ、差別化しやすくチャンスといえるかもしれません。

この記事を書いた人:ラルズネット編集部

「弊社クライアントである不動産会社様に、十数年に渡りコンサルティングしてきた内容を、もっとたくさんのお客様に知ってほしい!」という考えのもと集まったのが、私たち、ラルズネット編集部です。「どうやったらもっと集客できるの?」「どんなホームページやコンテンツを作ればいいの?」といった基本的なことから、「社員をしっかり育てたい」「組織を効率化したい」といった経営の話まで、不動産やWEBの枠を飛び越えて、弊社が今まで四苦八苦しながらも培ってきたタメになる情報を発信していきます。みなさん、一緒に不動産業界を盛り上げ、日々の仕事をより一層楽しくしていきましょう!

この記事を共有する

LINEで送る Pocket はてブ Follow on Feedly

閉じる