経営全般
2021/02/10 2021/02/11

コロナ禍での不動産開業を考えている人へ!開業後はネットを活用した”非対面”な運営がオススメです

経営組織・マネジメント業界動向不動産接客ビジネススキル内部対策

LINEで送る Pocket はてブ Follow on Feedly メール

LINEで送る

コロナ禍での不動産開業を考えている人へ!開業後はネットを活用した”非対面”な運営がオススメです

地域によっては緊急事態宣言が発令されたり、感染者の数が増えたりと、今もなかなか収まらない新型コロナウイルス。

このコロナ禍で不動産の開業を考えているけど、接客業だし経営していくのは難しいのでは…と思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、コロナ禍での不動産開業を検討している人へ向けた「非対面」な運営の仕方についてご紹介していきます。

コロナ禍での運営は「ネット」をメインするのがオススメ!

まず不動産会社を開業する場合、その流れを把握することも大事になってきます。
不動産会社を開業する流れは、下記ページ内にて詳しくまとめていますので、ぜひご一読ください。

▼参考記事はコチラ!
不動産会社を開業したい方へ!準備~開業までの流れを一挙ご紹介します

この新型コロナウイルスが流行るまで、不動産会社の運営は基本的に対面でのやり取りがメインとなっていました。
しかし現在は、人と接触しないよう「非対面」な運営に切り替えている会社が多くなっています。

お客様も非対面での接客を希望する方が多いので、開業後は「インターネット」を活用した運営がオススメです。

オンラインで物件案内

テレビ電話ツール(Skype、LINE、Zoomなど)を使って、遠隔でお客様に物件を見ていただく方法です。

スマホなどのカメラを使用し、スタッフが実際に物件に行って生中継をします。
お客様は外出せず家の中で物件を見ることができ、スタッフも人と接触することなく案内ができるので、いまの時代にピッタリな案内方法になります。

▼参考記事はコチラ!
在宅ユーザーにアプローチ!「オンラインで物件案内や面談を行うにはどうすればいいの?」そんな疑問に答えます

IT重説

賃貸借契約をする際、宅地建物取引士がお客様に重要事項説明をする必要があります。
以前までは対面での説明が必須だったのですが、2017年10月からテレビ電話ツールを使用してオンラインで説明することができるようになりました。

お客様に事前に「重要事項説明書」を送付する必要がありますが、非対面で説明でき、このためだけに店舗にきていただく必要もなくなります。

打ち合わせにはテレビ電話ツールを

お客様との打ち合わせも、テレビ電話ツールを使って遠隔で行う会社が多くなってきています。

コロナの関係で人と会うのはちょっと…というお客様にも安心して打ち合わせしていただけますし、遠方にいてなかなか店舗に行くことができないというお客様とも、場所を選ばずにゆっくり打ち合わせをすることができます。

テレビ電話ツールは、前述した「Skype」「LINE」「Zoom」など様々なツールがあります。
自社がメインで使用しているツールを、お客様に使っていただくようお願いすることもできますが、なるべくお客様がメインで使用しているツールで打ち合わせするのが好ましいです。

▼参考記事はコチラ!
「Zoom」の使い方を徹底解説 ~WEB面談ツールを使いこなそう!①~
「LINE」「Skype」の使い方を徹底解説 ~WEB面談ツールを使いこなそう!②~

広告媒体も「ネット」を主力に!

宣伝をするとき、ポスティングやDMを送るなど様々な方法がありますが、現在はネット上で宣伝をするのが効果的です。
物件を探すとき、実際に不動産会社にいって物件を探すよりも、ネット上で物件を探す人が増えています。

そこで、よりネット上で目に触れる機会が多くなるよう、広告もネットをメインにし、自社のホームページにも力を入れるという運営がオススメです。

ポータルサイトを利用する

ポータルサイトとは、コンテンツやジャンル毎にホームページのリンクを集め、情報へアクセスしやすくしたサイトのことです。

不動産ポータルサイトの場合、「各会社の物件を紹介している窓口のサイト」のことを指します。
(例:不動産☆連合隊、SUUMO、HOME’sなど)
賃貸・売買物件を検索する際によく利用されるうえ、最初からこのポータルサイトで探す人も多いです。

仲介業者(ポータルサイト)を介して物件を掲載するので、掲載する際はお金がかかりますが、お客様の目に止まるチャンスが増えやすくなります。

自社のホームページを作成する

いまや多くの会社が、自社のホームページを持っています。
「この物件を載せている不動産会社はどんな会社なのか」「この不動産会社に問い合わせしたい」となったときに、お客様はその会社のホームページを訪問します。

現在はネット検索がかなり普及している時代ですので、自社のホームページを用意するのは必須と言っても過言ではありません。

さらに利用してもらいやすくなるように…

また、物件詳細のページが充実していると、閲覧数が上がる傾向にあります。

詳しい画像を多く掲載するのはもちろんなのですが、実際に部屋の中を撮影した動画を掲載するのもオススメです。
内見しなくても、実際の間取りや雰囲気を把握しやすくなります。

▼参考記事はコチラ!
【動画解説付き】物件動画が必須の時代!連合隊の物件詳細ページに「YouTube動画を掲載する方法」をイチから解説
「こんなに手ブレしないの!?」物件動画撮影の必須アイテム、スマホ用ジンバルの使い心地を体験してみた!

さいごに

このように、コロナ禍でも時代に合わせた会社運営をすることで、対面接客が多かった不動産業でも、開業後にお客様を獲得しやすくなります。

ラルズネットでは、地域密着型かつ専門型のポータルサイト「不動産☆連合隊」をご利用いただけます。
検索結果の上位に表示されるので、ユーザーの目につきやすく、また「不動産☆連合隊」の目立つところに会社のホームページリンクを設置することができるので、アクセス数が集まりやすくなります。

そのほか、ラルズネットでは会社のホームページを作ることも可能です!

弊社デザイナーが丁寧に作ったフォーマットを選んでいただくことで、高品質・短納期・低価格で作成できるフォーマット型ホームページ『Format Lineと、弊社コンサルタントがお客様のこだわりを徹底的にヒアリングして作成するフルオーダー型ホームページ『Order Lineをご用意しております。

各種資料もご用意しておりますので、ネット運営をお考えの際はぜひ一度お問い合わせください!

■資料請求はこちらから!

▼お電話でのお問合せ
0120-071-036 
9:00~18:00(土・日・祝のぞく)

「弊社クライアントである不動産会社様に、十数年に渡りコンサルティングしてきた内容を、もっとたくさんのお客様に知ってほしい!」という考えのもと集まったのが、私たち、ラルズネット編集部です。「どうやったらもっと集客できるの?」「どんなホームページやコンテンツを作ればいいの?」といった基本的なことから、「社員をしっかり育てたい」「組織を効率化したい」といった経営の話まで、不動産やWEBの枠を飛び越えて、弊社が今まで四苦八苦しながらも培ってきたタメになる情報を発信していきます。みなさん、一緒に不動産業界を盛り上げ、日々の仕事をより一層楽しくしていきましょう!

21日間物件載せ放題!無料トライアル受付中

お申込み・各種資料

この記事を共有する

LINEで送る Pocket はてブ Follow on Feedly

閉じる