×

HOME 学習コラム「教えて!連合隊」 物件購入 物件購入のエリア選定のために知っておきたい「住みたい街」に共通する条件
物件購入のエリア選定のために知っておきたい「住みたい街」に共通する条件
物件購入
2020/03/03 2020/03/03

物件購入のエリア選定のために知っておきたい「住みたい街」に共通する条件

株式会社ラルズネット 編集部

収益物件全般アパート購入地方都心

LINEで送るPocketはてブFollow on Feedlyメール

LINEで送る

物件購入のエリア選定のために知っておきたい「住みたい街」に共通する条件

不動産収入の額は、物件が立地しているエリアの特性に応じて変動する傾向があります。

不動産を購入・所有する前に、周辺地域の環境や生活利便性を下調べしておくことが大切です。

今回は、不動産投資をはじめる上で知っておくべき入居者が選ぶ「住みたい街」の条件について解説します。

「住みたい街」に共通する条件:アクセス性の良さ

物件購入のエリア選定のために知っておきたい「住みたい街」に共通する条件

住みたい街に共通している条件は、都心部にアクセスしやすい環境が整っていることです。

実際、物件に入居する際、交通利便性を重視する方は少なくありません。
自身の勤務先へ通いやすい立地、近郊の生活施設へ来訪しやすい環境か否かを確認した上で入居を決意するケースが一般的です。

特に、交通の要衝となっている駅やバスターミナルに徒歩で訪れやすい物件は人気があります。空室が増加しにくく、新規の入居者が即座に見つかる可能性が高いです。

その他、始発駅、快速列車が停車する駅を利用しやすいロケーションの物件も入居者を確保しやすいです。物件を購入する折には、公共交通機関の機能もチェックしましょう。

さらに、駅周辺は夜遅い時間帯でも照明や電灯が灯り、薄暗いエリアが少ないです。
残業で帰宅時間が遅くなった時でも安心して家路につけるため、20代~40代のキャリアウーマンに好まれています。

また、徒歩数分程度で複数線複数駅を利用できる物件は、移動手段の選択肢を増やしやすいです。 そのため、外出の機会が多いファミリー、独身のサラリーマンに好評です。
購入する物件の徒歩圏内に、いくつの駅とバス停留所が立地しているかを確認しておきましょう。

因みに、移動手段に車を用いる住民が多いエリアの場合、幹線道路沿いを居住地に選ぶ方が多いです。
道路網と共に、インターチェンジや生活施設までの距離を把握しておく必要があります。

「住みたい街」に共通する条件:商業の利便性

食料品や生活用品を身近な場所で購入したいと考える方が多く、商業の利便性もアクセス性と同様に重視されています。
近隣に商業施設が充実している物件は効率良く不動産収入を得られる可能性が高いです。

コンビニ・スーパー・ドラッグストアが徒歩3分圏内に揃っていれば、身体が不自由な方や育児で忙しい方も生活に必要なものを手間なく買い揃えられます。

但し、店舗の規模によっては遠方へと買い出しに行く必要があり、日々の生活を送る中で不便さを感じやすいです。
物件周辺に位置している商業施設の状況を事細かく調べ、生活利便性を把握しましょう。

また、公共交通網が発達していないエリアの場合、郊外型店舗への訪れやすさが注目されています。車で何分程度で各商業施設へ来訪できるかをチェックしておきましょう。

街の雰囲気も大切

地域の雰囲気が物件に入居する決め手となるケースもあります。

特に、独り暮らしが初めての若者、独身のオフィスレディは治安が良好なエリアを好みます。
子育て中の方々は防犯の意識が高い傾向があり、子どもが安心安全に生活できる場所を居住地に選んでいます。

閑静な住宅街は、住生活を重視したまちづくりが進められており、幅広い年代に人気があります。 定年を迎え、余生をのんびり過ごすために引っ越してくる方が多いです。

また、外国の街並みや庭園を再現した住宅団地で生活することに憧れを抱いている方も少なくありません。
現地へ訪れて歩き回り、物件周辺の街並みや雰囲気を理解しておくことが望ましいです。

チャンスがあれば実際に生活している人々と会話し、住みやすさを教えてもらいましょう。
リアルな意見を聞く中で、不動産投資に相応しい土地か否かを見極められます。

但し、アクセス性や商業の利便性よりも優先順位は高くありません。 穏やかな雰囲気の地域でも駅や商業施設から遠い場合には、定住者が少ないです。

アクセス性などを最優先に考えて、購入する不動産を選定しましょう。

ファミリーに人気の物件

子育て中の世帯は、交通機関や商業施設を利用しやすいロケーションだけでなく、教育・福祉・医療サービスも物件を選ぶ基準となっています。

周産期を手厚くサポートする環境が整っていなければ、子どもを産み育てることは難しいです。出産後、職場復帰する際には、子どもを預かってくれる施設・サービスが必要となります。

待機児童に積極的に取り組んでいる地方自治体は、保育施設を探しやすいため、出産を検討している新婚夫婦に人気があります。
子育て環境が充実しているエリアの物件は、ファミリーの入居者を獲得しやすいです。

また、教育に強い関心を抱いている親が増加しており、子どもにより良い教育を受けさせるために転居する方もいます。
グローバルな人材の育成に取り組んでいる学校が立ち並ぶエリア、教育熱心な方々に好評です。

さらに、万が一の事態が訪れた時に備えて、かかりつけの医療機関を確保したいと考える方も少なくありません。所有する物件の周辺において、医療施設の充実化が進められているか否かが、不動産収入の額に影響を与える可能性もあります。

空室の増加を回避するコツ

住みたい街に共通している条件を理解した上で、所有する物件を探すことが大切です。

条件と合致する物件を購入すれば、空室に悩まされる状態へと陥りにくいです。その上、定住者の増加を期待でき、不動産収入アップを望めます。

この記事を書いた人:株式会社ラルズネット 編集部

この記事に関連するキーワード