×

HOME 学習コラム「教えて!連合隊」 出口戦略 売却なのに「買取」って?「仲介」との違いについて解説
売却なのに「買取」って?「仲介」との違いについて解説

所有する投資用不動産を様々な事情により売却する場合には、買取と仲介という2つの方法があります。

この2つには、いったいどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの違いを、メリットとデメリットも含めて詳しく解説します。

買取とは何か

買取とは不動産売却の方法のひとつで、不動産業者がその物件を直接買い取ってしまうことを言います。

ですから、広告を利用してその不動産の情報を一般に流通させて買主を探す方法とは異なります。

業者に買い取られた不動産はその後、リフォームやリノベーションなどを施され、一般に売りに出されたり、他にも不動産業者によって、賃貸に出されたりなどして活用されます。

仲介とは何か

仲介とは不動産業者に依頼して、買主を探してもらう方法です。

一般的に不動産を売却する場合には、仲介を利用することが多いです。

仲介の場合には、主に不動産仲介会社を利用します。不動産の購入者が見つかった場合には、仲介会社が売主と買主の間に入り、契約条件の折衝や契約手続きなどを行います。

買取のメリット

買取にはいくつかのメリットがあります。

スピーディーに現金化できる

物件を売り急いでいる時などは、買取を選ぶと便利です。買取の場合には業者が直接買い取ってくれるので、買主を探す手間が省け、時間を大幅に短縮することが出来るのです。

広告や宣伝が不要になる

一般に売り出すわけではないので、広告や宣伝の必要がありません。ですからそのための費用も掛かりません。

内覧も不要になる

一般に売り出す場合には、その物件に購入検討者が内覧に訪れます。しかし買取の場合はその必要もなくなります。

仲介手数料も無料

売主と買主の間に不動産業者が入る仲介の場合には、一般的に仲介手数料が必要になります。

しかし買取ならば、不動産業者が直接買い取るため仲介手数料がかかりません。

他にも近所に知られたくない場合などには、買取を選ぶ方が良いでしょう。

買取の場合には、インターネットなどの広告媒体に掲載されないため、他人に知られることなく、売却できるというメリットもあります。

買取のデメリット

買取には以下のようなデメリットもあります。

売却金額が仲介と比較すると低くなってしまう

この理由は不動産会社が、買い取った物件にリフォームやリノベーションなどの付加価値を付けて、再度売りに出すという事を前提としているためです。

売り急いでいる時には便利な買取ですが、それを選ぶときにはこのことを念頭に置いて依頼しましょう。

仲介のメリット

仲介のメリット

仲介には以下のようなメリットがあります。

価格の決定権が売主にある

仲介を選んだ場合には、売却価格を売主が決めることが出来ます。好みの金額に出来る事が魅力的です。

買取よりも高い値段で売れる

買取のように、不動産業者が物件に付加価値を付けて再度売りに出すことを前提としないため、買取と比べ高い値段で売ることができます。

投資用物件の場合には、高い値段で売却できることでローンを完済できるなどのメリットもあります。

仲介のデメリット

ここでは仲介を選んだ場合のデメリットをいくつか挙げます。

現金化スピードが買取に比較して遅くなる

仲介の場合は売りに出してから買主が見つかるまでの販売期間があるため、買取に比べて現金化のスピードは遅くなります。

ですから売り急いでいる時には、仲介は向いていません。

広告宣伝が必要

売りに出す不動産をインターネットなどで広告宣伝をしなければなりません。そのための費用が掛かります。

内覧などが必要

仲介の場合は内覧も必要になります。内覧で一般の客が物件を見に来た場合、イメージが悪いとなかなか売れません。

ですから売り出すためには、リフォームなどを施さなければならない場合もあります。そのような費用も考えておかなくてはなりません。

仲介手数料が必要

売主と買主の間に不動産業者が入りますので、仲介手数料が必要になります。一般的には物件価格の3%+6万円がその費用になります。

時と場合により良い方を選ぶようにする

大まかな流れとしては、買取と仲介どちらを選んでも、まずは不動産会社による査定があります。

買取の場合には査定金額に満足できれば、売買締結をして決済に至ります。仲介の場合には査定の後に広告を出して販売し、申し込みがありその契約条件が整えば、売買締結となり決済に至ります。

投資用物件の売却には、このように買取と仲介の2つの方法があります。どちらの方法が良いかは、その物件の状況から考えていきましょう。

例えば売り急いでいたり、安くても良いのですぐに物件を現金化したい場合などは、買取を選ぶと適切です。

さらに一般用の物件と違い投資用の場合、減価償却が終了してしまったような物件の場合は、なかなか売れない事も考えられます。そのような場合にも、買取を選ぶ方が良いでしょう。

しかし出来るだけ物件を高い値段で売りたい場合や、売り急いでいない場合には、仲介を選んだほうが良いです。

ご自身の状況や目的に応じて最適な売却方法を選択しましょう。

この記事を書いた人:株式会社ラルズネット編集部