閉じる

2018/12/04 2019/07/09

採用面接では必ず「○○」を伝えよう!

熱血講師 松岡ラル造熱血講師 松岡ラル造

就活全般採用面接面接対策自己PR

採用面接では必ず「○○」を伝えよう!

「採用面接が自信なくて不安…」

 

そんなふうに思っている人はいないか?

 

大丈夫だ!安心してくれ。

今回は、ココだけ押さえとけば変なことにはならないぞというポイントを教えるからしっかりメモしてくれよな!

 

グダグダ言うのはめんどいからもう結論言っちゃうぞ。

 

それは、「あなたの採用メリット」を伝えること。

これだけだ!

 

これだけなのに、できてない人がすごく多いんだ!

 

面接で大事なことは、自分視点ではなく企業視点で考えること。

もっと具体的にいえば、「ヘタしたら何千人もの面接をこなしてる企業の人事担当者が一番知りたいことは何なのか?」を考えることだ。

 

それが「あなたの採用メリット」。

「自分を採用することによって、御社にはこういうメリットがあります!」と、遠慮せずにきっぱり伝えることが大事なんだ!

こうやってズバリ言われてみれば、「そっか、そうだよな。自分が面接官なら、それがわからないと会社に報告できないもんな」となるわけだが、ほとんどの学生がこの点を押さえずに、自分の話ばかりしてしまうんだ。

 

「私は将棋部の部長で大きな大会に出ました!」

「地域のマラソン大会で優勝しました!」etc…

 

こういう話だけ聞かされても、相手の面接官は「へぇー」とは言ってくれても、内心は「(ポカーン…この人の何を報告すればいいんだろう…)」ってなってるぞ!

 

「あなたの採用メリット」をストレートに伝える。

これだけは忘れないようにしてくれ。

 

「でも、採用メリットっていっても、具体的にはどんなふうに伝えたらいいんですか?自分はとくに実績もなくて…」と思ったあなた。

 

そんなあなたのために書いた以下の記事を読んでみてほしい。

▶︎面接官が前のめりになって聞いてしまうハナシとは?

この記事に関連するキーワード

就活全般採用面接面接対策自己PR
この記事を書いた人:熱血講師 松岡ラル造

熱血講師 松岡ラル造だ! 主に[就活道場]というコラムで、就活生が良く持つ疑問などにわかりやすく答えていくぞ!ダラダラした回答は嫌いだから、スパっと簡潔に答えていくつもりだ。 就活に不安を抱える人はたくさんいると思う。でも、大丈夫だ!私のコラムを読んで、少しでも自信を持てるようになれば本望だ! ちなみに、テレビに出ている芸能人がモデルですか?という質問には答えられないぞ!

ラルズネットは「社員が充実した生活を送るための環境づくり」に注力しています。

新卒採用
募集要項
エントリー
中途採用
募集要項
エントリー