閉じる

インタビュー〈 新卒入社スタッフ 〉

インタビューに関するメインの写真

エンジニア

「モノを最後まで作り上げることの喜び」を学びました。

社員名前ローマ字

2019年新卒入社 WEBエンジニア(フロントエンド)

社員名前

ラルズネットに入社を決めた理由

「自分の経験と会社の理念に通じるものがあった」から

大学で行われたOB・OG交流会で、ラルズネットに入社した先輩社員の方の「自分も最初はなにもできなかったけど、勉強する意欲のある人を全力でサポートしてくれる会社なので、成長できた。」という言葉で、ラルズネットに興味を持ちました。
自分は技術・知識共に自信がありませんでしたが、成長するために知らないことを学ぶことは好きだったので、この会社は自分に合っていそう!と思い、インターンシップに参加しました。

 

インターンシップでは、業務内容の他に企業理念についても教えていただき、「お客様と共に成長する」という理念に特に共感しました。学生時代に友人と勉強を教え合って成長してきた経験と重なったからです。お客様・企業相手という、これまでの経験より大きなスケールで成長していけると知り、「入社したい!この会社で成長したい!」と強く思いました。

技術を身につける上で、先輩のどんなサポートに助けられましたか

1聞くと10わかる程、わかりやすく説明してもらえることです。

先輩は、いつも納得のいく答えをくれるだけではなく、「自分の問題点」にも気づかせてくれます。

 

そのために、質問の仕方も「わからないまま聞くのではなく、自分の考えを持って質問するように」と教えてくれました。実際、「これはこうすればいいと考えたんですが…」という聞き方にすると、「これだと、前提や設定が細かくなりすぎていて、コード量が増えるよ。ここをこうすると、結果は同じで、コード量も減るよ」と教えていただき、自分は柔軟な思考ができていないと気付くことができました。これは、ただ「これってどうやるんですか?」と質問しただけでは、気づけなかったことです。

こうやって吸収したことを、自分も後輩ができたら同じように教えていきたいと思っています。

エンジニアとして働く上で、楽しさややりがいは何ですか

自分の書いたコードを数カ月後に改めて見ると、成長を感じたり、新発見ができる

入社前に書いたコードを、入社2ヶ月後に改めて見たら、「誰がこのコード書いたんだ?自分か!」ってなりました(笑)。「自分の考えを持って質問する」ことを心がけていたおかげで、自力で自分のコードの問題点に気づき、改善できるようになっていたからです。コードを見直すたびに、過去の自分と比べて成長を実感できるので、モチベーションにつながっています。

 

あとは、「新しいことへの挑戦」も楽しいです。現在担当する業務で初めてCMSに触れていますが、1からphpを書くことが初めてで、わからないことだらけです。

調べた記事を参考に記述し、エラーが出たら調べる…と、トライ&エラーを繰り返しながら挑戦しています。そんな中で、エラーなしで自分の望んだ動きをしたときはとても嬉しいです。

学生時代はどんなことを学んでいましたか(挑戦しましたか)(ゼミなど)?

「モノを最後まで作り上げることの喜び」を学びました。

ゲーム製作を学ぶために大学に入学しましたが、大学でのゲーム制作はデザインからプログラミングまで一人で行うので、ゲーム設定・デザイン・プログラミング全て行うことの難しさを知りました。(特にデザインには自信がなかったので、デザイナーの人々に尊敬を覚えました!)

 

卒業研究には、様々なゲーム(主にソーシャルゲーム)をやり込み、自分にも作れそうだと感じた「謎解き脱出ゲーム」を選びました。完成したものは、無機質な部屋でも違和感がなく、作成するオブジェクトも少ないようなものでした。客観的に見れば最低限のゲームなのかもしれませんが、完成したときは達成感に満ちあふれていました(卒業もかかっていましたので(笑))。

 

なにかを完成させるのは大変ですが、出来上がった時の達成感、喜びは忘れられないものになると実感しました。

学生の皆さんにメッセージをお願いします。

自分の直感を信じてください。

私はラルズネットが最初の内定だったので、多くの企業の説明会には参加していませんが、ラルズネットの説明会で自分の直感が反応し、それを信じて応募して良かったと思っています。

 

「あの会社は福利厚生が良い」、「あそこの会社は有名だから」等も会社選びの一つにするのも良いですが、私は規模や知名度に関係なく、自分の直感に反応した会社を選ぶことをお勧めします。会社選びとは自分との相性選びでもあるのです。直感に反応するということは、自分と相性の良い会社であることだと私は思います。

 

なにか不安があっても、まずは応募してみましょう!すべてはそこからです!