閉じる

インタビュー〈 新卒入社スタッフ 〉

インタビューに関するメインの写真

エンジニア

「社内の業務の効率化」へつながる仕組みづくりがしたい

社員名前ローマ字

2019年新卒入社 WEBエンジニア(バックエンド)

社員名前

ラルズネットに入社を決めた理由

自分の就職活動において、入りたいと思った会社ランキング堂々の第一位でした

ラルズネットに入社したいと思ったきっかけは、インターンシップへの参加でした。当時、プログラミングは「目に見えない部分」で様々な処理を行うものという地味なイメージしかありませんでした。(嫌いではありませんでした!)

 

就活時期になり、インターンに参加してみようと色々な会社を調べていると、javaをメインとした内部的なシステムに関わる会社のインターンが多い中、ラルズネットは自分がほとんど触れてこなかったWeb系のシステムを扱っているというところに興味を惹かれ、応募しました。

ラルズネットのインターンでは、用意されたページに自分で機能や見た目を追加していくというワークを行い、自分が書いたコードで、ページの色・レイアウトを変えたり、動きを付けるといった「目に見える変化」を作り出す楽しさを知りました。これがきっかけで、プログラミングは地味なものを作るばかりではないと感じ、自分もWeb系のエンジニアになりたいと思いました。

また、ラルズネットの風通しの良い社風や、新人でも前線で活躍できる環境に大きな魅力を感じたことも入社の決め手になりました。自分の就職活動において、入りたいと思った会社ランキング堂々の第一位でした!

いま担当している業務について教えてください

使う側、使ってもらう側の双方にやさしいシステムの開発

私は、主に社員の方が使う社内向けのシステムの開発を担当しています。現在は、営業の方が不動産会社様へ訪問する際に、役立つ話題や商品を自動で提案してくれるシステムを開発しています。

 

現状では、営業の方が訪問する会社のホームページや契約状況などを一つずつ確認する必要があり、かなりの負担となっています。そこで、私が作成している提案システムがあると、そのお客様のホームページに新たにご提案できそうなコンテンツや、訪問時の会話の盛り上げネタとなる話題を簡単に確認できるようになります。このシステムによって、営業の方が下調べに費やす時間や負担を大きく軽減させることが目標です。

 

実際に使う人の役に立つシステムを作るのはもちろん、開発メンバーが運用・管理のしやすいシステムであるように意識して作ることを心がけています。使う側、使ってもらう側の双方にやさしいシステムの開発を目指していきたいです。

今後ラルズネットで挑戦したいこと

「社内の業務の効率化」へつながる仕組みづくり

弊社の重要な考えの一つでもある、「社内の業務の効率化」へつながる仕組みづくりや、整備を行うサポーター的な役割になりたいと思っています。

 

例えば、これまで弊社で制作した様々なホームページについて、「ホームページの構成」や、「スマートフォン用のページがあるか」などの把握しきれていない部分がたくさんありました。私は、入社後すぐに「サイトマップシステム」というその問題を解決するための社内向けシステムの開発に携わらせていただきました。このシステムにより、弊社で作成したホームページのページ構成を可視化し、簡単に全容が把握できるようになりました。

 

このときに社員の皆さんから「助かる!」「便利になりました!」などの感謝の言葉をたくさんいただき、「自分の作ったシステムが皆の役に立つことってこんなに嬉しいんだ!」と思ったことが印象的でした。
これからも社員の皆さんの手助けができるようなシステムの開発をしていきたいと考えています。

社内の雰囲気、社風、先輩とのやり取りなど

オフィス間の垣根がなく、密なコミュニケーションが取れる

年齢の近い先輩社員が多いこともあって、分からないことは気軽に相談できる環境です。
また、ラルズまどという各オフィスをつなぐ大型テレビが常時ついていて、別のオフィス社員の姿も見ることができます。実際に働いている場所は違っても、その距離を感じないくらい密なコミュニケーションを取ることができています。

 

オフィス間の垣根がなく、私は札幌オフィスで勤務していますが、業務上の相談は函館オフィスにいる先輩社員にしています。社内の雰囲気も、私服OKなのでスーツ特有の堅苦しさや変な緊張感はなく、のびのびと仕事に集中できる環境です。(自分はいつも机の上にチョコを常備しています!(笑)

学生の皆さんにメッセージをお願いします

社会人として働いている自分の姿を想像してみてください!

まだ自分がどのような会社で働きたいか曖昧な方もたくさんいるかと思いますが、沢山の説明会に参加して、社会人として働いている自分の姿を想像できるようにしていくと良いと思います。

 

また、時間に大きなゆとりがあるのも学生のうちが最後だと思うので、今のうちにたくさん遊んだり、社会人になってからでも日々の楽しみになるような趣味を見つけておくのも良いかもしれません!