閉じる

  • ホーム
  • スタッフブログ
  • 【新卒エンジニア志望の皆さんへ】常にトレンドを取り入れる、モダンな開発環境でスキルアップしませんか?
2024/02/16 2024/05/30

【新卒エンジニア志望の皆さんへ】常にトレンドを取り入れる、モダンな開発環境でスキルアップしませんか?

ラルズネット人事部ラルズネット人事部

仕事内容会社概要研修制度インタビュープログラミングエントリー当社のバリュー当社の強み

【新卒エンジニア志望の皆さんへ】常にトレンドを取り入れる、モダンな開発環境でスキルアップしませんか?

エンジニア志望の皆さん、こんにちは。

 

私たち株式会社ラルズネットでは、最新の技術やツールを積極的に取り入れ、常にチャレンジし続けたいと考えているエンジニアを募集しています。

 

ラルズネットなら、あなたの成長を最大限に引き出し、エンジニアとしての確かなキャリアを築くことができると自信をもって言えます。

 

この記事では、弊社の具体的な開発環境やエンジニアのための研修制度、スキルアップ支援についてご紹介しています。

ぜひ、最後までお読みください!

株式会社ラルズネットについて

株式会社ラルズネットは、日本全国の不動産会社様の売り上げ向上を支援する会社です。

 

主な事業としては地域密着型ポータルサイト「不動産連合隊」の運営や、不動産会社様向けホームページ制作などがあります。

「不動産会社様の成長を実現する」という信念を胸に、日々進化し続けています。

Develop Fun!! ラルズネットのエンジニアカルチャー

実はラルズネットを構成する社員のうち、約6割がエンジニアです。そのため、エンジニアにとって働きやすく、成長しやすい環境が整っています。

【Develop Fun!!】を掲げる私たちは、「楽しく開発できないサービスは、楽しく使われない」という考えのもと、日々楽しみながら開発に取り組んでいます。

 

今、ラルズネットは新しく生まれ変わろうとしています。

サービスやシステムをリニューアルしている真っ最中なので、ラルズネット史上、いちばんワクワクしながら成長できるタイミングです。

開発チームのリアルな環境をインタビュー!

ラルズネットのエンジニアは、具体的にどのような業務をしているのでしょうか。

 

弊社開発チームの佐藤 悠介さん(2019年新卒入社)、天間 仁さん(2021年新卒入社)のお二人に「どのような業務を行っているのか」「どのように目標を決め、成長しているのか」など伺いました!

 

-普段どのような業務をされていますか?

 

天間:現在、不動産会社様が物件登録しているシステム『ラルズマネージャー』のリニューアルをしています。
私たちは「新ラルズマネージャー」と呼んでいるんですが、そこのバックエンドが担当です。
主に使っている言語はGoで、AWSと組み合わせて、よりモダンな環境で開発を行っています。

バックエンドだけでなくインフラ側の作業も行っていて、具体的にはTerraformなどのIaCツールを使ってインフラの管理をしています。

 

佐藤:私も「新ラルズマネージャー」の開発チームで、主な担当はお客様に見えるフロントエンドの部分です。
ReactとTypeScriptという技術を使っていて、特に自分は新しめの技術で開発しています。
例えば、ブラウザのリロードなどが入らずスムーズに画面が切り替わるアプリケーション(SPA)を作っています。

 

天間:新しい技術を開発に取り入れることによって、システムを使う不動産会社様にとって、よりサクサク動くように感じるんですよね。

ちなみに佐藤さんは大学から技術的な学部で勉強をしてきたかと思いますが、私は文系の大学だったため、完全に独学です(笑)
入社した時は自己学習以外の基礎がなかったですが、今は開発を任せてもらっています。

ラルズネットは、どんなプロジェクトにも対応できる柔軟なエンジニアになれる環境です。

 

-新入社員のときは先輩たちからはどのようなサポートがありましたか?

 

天間:始めのうちは研修を兼ねて先輩から具体的な指示を受け、仕事を進めました。わからないことは質問し、アドバイスをもらいながら仕事に慣れていきました。

 

佐藤:質問するときはリモートで繋がっているので話しかけやすいです。Zoomのルーム内で喋りかけると、チームの皆がいつでも答えてくれます。文章で聞くよりも解決するのが圧倒的に早いです。

 

-お二人はスタート地点が違ったのかもしれませんが、どのように目標を立てて業務を進めているのでしょうか?

 

天間:定期的に上司とミーティングを行っていて、「この2ヶ月はこれをできるようになりたいね」のように短期目標を立てています。
今進めている作業や悩みを説明すると、「○○をやればその能力がつくのでは?」とアドバイスしてもらえるので、具体的な目標を立てられています。

 

佐藤:「新ラルズマネージャーの○○のページを完成させる」というのは目標ではなくタスクの一つだと思っていて、目標は、そのタスクを達成するため仕事の進め方を決めていくことだと思っています。

 

天間:「こうすればより効率化できる」とか気づいたり、様々なタスクをこなすなかで、戻りのないような順序で進めていく力が付きますよね。

 

佐藤:そうそう。自分は、普段フロント側の作業がメインですが、プロジェクト全体の流れを把握するためにも、バックエンド側の作業にも参加するようにしています。それで全体的な処理の流れの理解が深まることもあります。

 

-そうしていくことで、システムの全体性や品質を高めることができる「リーダーシップのあるエンジニア」として成長できるということですね。

 

佐藤さん、天間さんありがとうございました!

ラルズネットは入社時のスタート地点に関係なく、最新技術を取り入れながら成長できる環境です。

しっかりとサポートしていくので、臆することなく幅広い仕事に携われますよ。

「おもしろそう」と思ったら、どんどん取り入れる開発環境

ラルズネットでは、開発環境は柔軟に、目的に応じて最適な技術を選択しています。

PHPをメインに使っていましたが、最近のプロジェクトでは新しい技術も積極的に活用しています。

 

「おもしろそう」と思ったら、どんどん取り入れるのが私たちのスタイルです!

 

▽主に使用している技術です。

▽BFFを用いた構成で開発しています。

 

つまり……やりたいことに合わせて最適な技術を選択できるため、最先端の技術に触れるチャンスが豊富!

エンジニアとして、これからの時代を生き抜くための本物の実力が身に付きます。

 

新しいことにチャレンジするのが好きな方に、自信をもってオススメできる環境です。

コーディングだけではない、レビューこそが成長の鍵

ラルズネットで働くエンジニアにとって、成長の機会はコーディングだけではありません。

 

弊社ではコーディングの完了後に、他のエンジニアにレビューしてもらってOKならそのプログラムを稼働させるという流れをとっています。

この「レビュー」こそが、スキルや視野を広げる成長の大チャンスなのです。

 

レビューをもとに、ユーザーの視点を身につけます。

レビューは単なるコードチェックではなく、『課題に対してどのように考え、プログラムを生み出したのか』を重要視します。

 

「プログラムが動けば良し」という考えではなく、他のエンジニアやユーザーの考えに触れながら満足度の高いコードに仕上げましょう!

 

自分で考えて作ったものを、顧客目線を取り入れて改善することで、飛躍的に成長していけます。

自分のアイデアが形になる!自社開発の魅力

ラルズネットは、企画から開発まで全て自社で行っているため、「こんなサービスがあったらいいな」というアイデアを自ら形にできます。

 

例えば、地域密着型ポータルサイト「不動産連合隊」。こちらは物件情報や不動産会社の特徴を紹介し、最適な物件を楽しく探せるサービスです。

 

▽地域ごとに特化した物件検索サイト。さらに使いやすいシステムへとリニューアル中です!

◆「このサイトを、どこよりも使いやすいポータルサイトにしたい」と考え、ユーザーにオンラインインタビューを実施し意見を取り入れる

 

◆「不動産会社様の物件紹介文をもっと書きやすくしたい」と考え、AIによる物件自動コメント生成機能を作成する

 

このように日々、お客さまのための考えやアイディアをサービスに反映させ、進化しています。

不動産連合隊に参加する、日本全国の約1000社の不動産会社様から、喜びの声をもらえるという確かな手ごたえ・やりがいを感じられます。

自社のシステム開発と、他社のためのシステム開発の違い

たとえば弊社は自社サービスを開発する「Web系企業」なので、「おもしろそう!」と思った技術をすぐに取り入れてモダンな開発ができる環境があります。
しかし、他社のためのシステムを作るような「SIer系企業」では、そうもいかない場合もあります。

 

「SIer系企業」は、どんなものを作るかは他社次第となるため、新しい技術やトレンドに興味があっても、それを業務に取り入れられない場合も多くあります。

 

▽「Web系企業」と「SIer系企業」について、詳しくはコチラ

徹底比較!「SIer系企業」と「Web系企業」、自分に合っているのはどっち?

入社前も入社後も、手厚いサポート

ラルズネットは社員の成長を大切にしているため、バックアップの体制は万全です。

「入社後、自分のスキルでやっていけるだろうか……」そんな不安があってもすぐに払しょくできるので、ご安心ください!

内定者研修とは?

ラルズネットでは、内定者のみなさんに向けた研修制度を用意しています。

まずは座学でラルズネットの会社や商品・サービスについての基礎知識を学んでいただきます。業界の基本的なことを最初に理解することで、今後の研修や、入社後の業務をスムーズに進められますね。

座学後は、実務に近い作業を通して、仕事の流れやノウハウを身につけていただきます。エンジニアの方には、モダンな技術を使った社内用システムの構築など、最先端の内容の研修もありますよ。

 

そして、希望する方は「入社前シゴト体験」として、アルバイトをすることも可能です。ラルズネットの仕事を実際に体験することで、入社後のイメージを明確に持っていただけます。

 

その他にも、自宅などで自己学習を進められるツールを提供しています!自分のペースで学習を深め、さらなるスキルアップを目指せます。

 

▽内定者研修と、入社前シゴト体験について、こちらもご覧ください!

ラルズネットの『内定者教育プログラム』とは?

入社後も充実の研修制度。自慢のスキルアップ支援も!

もちろん、入社後は先輩社員がしっかりとサポートします!

いつでも質問できるので安心してください。

 

週に1回のエンジニア研修では、業務や自己学習で学んだことを共有し、チーム一丸となってスキルアップを目指します。

 

そして書籍の購入やセミナーの参加など、学習に必要な費用は会社が負担します!
また、業務に関連する資格を取得した場合は、受験料の還付もあります。※上限5万円まで

 

▽活用すべき支援制度がたくさん。

▽支援制度について、詳しくはこちらもご覧ください★

【福利厚生】スキルアップしたい人に最適!エンジニアにおすすめな支援制度まとめ

 

また、上司との定期的な面談では個々に合わせた目標設定を行います。それぞれのスキルや経験を踏まえて着実に成長できるようにサポートをします。

仕事の進め方や不安など、なんでも相談してくださいね。

さいごに

『成長し続けられる環境で、自分のスキルを存分に活かしたい』

そんな想いを持つエンジニアを、ラルズネットは全力で応援します。

 

常に最新の開発現場に身を置き、最先端の技術を学ぶ
◆モダンな開発環境で、変化に対応する力が身につく
◆書籍・セミナーの学習費用は会社負担
◆資格取得を支援

 

エンジニア同士で情報を共有し、切磋琢磨しながらスキルアップ
◆週1回のエンジニア研修
◆レビューをもとに相互に成長
◆定期的に上司と面談し目標設定

 

自社サービスの開発でスキルを発揮
◆「こんなサービスが欲しい」というアイディアを自ら実現できる
◆自分の作ったシステムやサービスで日本全国のお客さまが喜んでくれる

 

手厚いサポートで不安なく成長を加速
◆内定者研修
◆入社前シゴト体験
◆入社後も先輩エンジニアがサポート

 

このように、エンジニアの成長とキャリアアップを最大限にサポートする環境がラルズネットにはあります。
最新の技術に触れ、仲間と共に挑戦し続ける環境で一緒に働きましょう!

 

▽エントリーはこちらからどうぞ!

募集要項の確認・エンジニア(新卒採用)にエントリー

この記事を書いた人:ラルズネット人事部

主に採用に関する記事を更新していきます。 ラルズネットは日々成長していく会社です。毎日、たくさんの新しいアイデアが生まれています。 新しいことをはじめるには、皆さんの新しい力が不可欠です。 弊社に少しでも興味を持っていただいた就活生の方がいらっしゃいましたら、ぜひ説明会やインターンシップに参加してみてください!

ラルズネットは「社員が充実した生活を送るための環境づくり」に注力しています。